PRODUCTS

Blue Mallow 11月22日新発売!

Blue Mallow 11月22日新発売!

Blue Mallow ¥27,000 (税別)

スモーキーでホットなモダンヴィンテージトーンを紡ぎ出すオーバードライブ

煌めくクリアな高域、ふくよかで温かみのある中域、厚く芯のある低域。

ゲインコントロールにより、スモーキーな甘さが感じられるクランチサウンドからキレのある図太いハイゲインサウンドまで、個性的な歪みを作り出します。

また、どんな繊細なニュアンスも逃がさず表現できる抜群のレスポンスと、ブーストをオンにすると未体験のレスポンスを味わえる、レスポンスブーストスイッチが大きな特徴です。正に、60年代のオールドフェンダーアンプをブーストした時のような、集中して丁寧に弾かないとタイトなプレイが出来ないという感覚。
ブーストオンのサウンドは弾き慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、紡ぎ出されたその多彩な表情は多くのギタリストの即戦力になることでしょう。

是非とも倍音豊かな極上トーンとアンプジャストな弾き心地をお楽しみください!

       .......................................................................

コメント:宮脇 俊郎(ギタリスト)

とにかくナチュラルの極致!に尽きる歪み系ペダルです。GAINつまみをかなり上げていても、軽くピッキングすればクリーンな音が出せます。Treble,Bassでイコライジングできますが、極端な音色の変化は無くあくまでも補正という感じ。
言い方を換えると、変な音にならないということですね()
特筆はなんといっても音のふくらみ。サスティンにしたがって音色が変化していき、良いギターなら中域のふくらみも加味されてFATな音になります。その倍音成分の変遷が実に音楽的。ミッドブースト特有のボテっとした中域とは全く違う、低域から高域までフラットに伸びたトーンです。  

 ちなみにこのペダルは、ピッキングがずっとリキんでいる人とか、ピッキングとハンマリング&プリングなどの差が出ないような均一な歪みを求めるギタリストには全く向きませんのでご注意。  

歪みつまみを控え目にすれば出音を太くするプリアンプ的な使い方もできるんで、ショボイアンプでもかなり化けさせることができます(経験談)。というわけで、本当の意味での太い音が欲しいギタリストにど真ん中で訴えかけてくるペダルです!

コメント:海津 信志(ギタリスト)

最近のギタリスト事情も随分と多様化している中で、「アンプライク」なサウンドはどこまでも付き纏ってきます。正直、最近のシュミュレーター機材はとても音が良く、特にRECでは手早く進めないとならない場面が多い分、セッティングに時間が掛からないのでメリットが大きく、オールインワンで問題無くなってきました。

ただ、時々遊びでハイエンドなアンプでギターをかき鳴らした時「あぁ~やっぱこれだよね!!」とスカッとなる気持ち、そのサウンドがBlue Mallowにはあります。

シュミレーターのセンドリターンに繋ぐ一手間だけかけてみると、音源の完成度が一段階上がります。しばらく使ってみて驚いたのが、たとえ打ち込みのドラムが相手でも、ソイツにドライブ感を足すことが出来る「説得力のあるギターの音」になったということです。
具体的に言うと、「アンプジャスト」なのですが()

高音がキリッと抜けるのに、芯が太いサウンド。
ありきたりな表現ですが,そこを追求したODペダルです。 

  

Control : (Left to Right) 

Treble : 高域の歪と音量を調整します
Bass   : 低域の歪と音量を調整します        
Volume:全体の音量を調整します
Gain    : 全体の歪とサスティーンを調整します  

SPECS

外部寸法(縦/幅/高):112㎜ x 60㎜ x 56㎜
重 量 :     370g
消費電流 :9VDC/6mA
内蔵バッテリー :9VDC(006P)x 1   推奨(DURACELL PROCELL 9VDC)
電源アダプター(別売):9VDC, Negative Tips (Regulated recommended)
トゥルーバイパス